学校紹介

学園の精神

創立者「聖マダレナ・カノッサ」について

聖マダレナ・カノッサ

生徒がよい習慣を身につけるように教育してください。
教育にたずさわっている人は
大きな愛を持って
生徒たちを受け入れるようにしてください。
(聖マダレナ・カノッサ)


大口明光学園は「愛徳の娘 カノッサ修道女会」を経営母体とするカトリック女子ミッションスクールです。カノッサ修道女会の創立者である「聖マダレナ・カノッサ」は、1774年,北イタリアのヴェローナの侯爵家に生まれた女性でしたが、あらゆる人々に神の愛を知らせ、神の愛に応えて生きるよう導くために修道女会を設立し、子女の教育に情熱的に献身しました。

現在、その遺志を受け継いだ学校が全世界に300校余り存在し、当学園もその1つとして女子教育に取り組んでおり、今年度で創立57周年を迎えます。

学園の精神・校訓

愛と奉仕の精神

真実にして,叡智に富み,義務を重んぜよ

校歌

ページの先頭へ